グラマラスパッツの履き方を間違えると損する!

グラマラスパッツって履き方が難しいっていう声があるけど、本当?
と思ってはいませんか?

 

 

グラマラスパッツは加圧インナーだから、少々タイトな作りになっています。

 

それできつい、と感じる人も多いみたいです。

 

サイズ選びにも要注意で、見栄で小さいほうを選ばないようにしてください。

 

今回は正しいサイズのグラマラスパッツを選んだ場合の、グラマラスパッツの履き方について、ご紹介していきます。

 

グラマラスパッツの履き方

 

グラマラスパッツの履き方はシンプルで、普通の着圧スパッツやレギンスのように履けばよい、のですが、
ちょっとしたコツがあります。

 

 

布が固いので、最初はごわごわするかもしれませんし、伸ばしづらいかもしれませんが、
少しずつ少しずつ伸ばして履くようにしましょう。

 

 

まずは片方の足首にグラマラスパッツを通します。

 

そして膝上まで指で、少しずつ伸ばします。

 

布をしっかり掴めたら、膝上まで一気に持っていくことも可能です。

 

そして太ももからはまた、少しずつ少しずつ引き上げていきましょう。

 

お尻にフィットさせたら、その後はウエスト部分の布をちょうどよいところまで引き上げます。

 

グラマラスパッツはウエスト、おへそ上くらいまで布があるので、お腹周りのカバーもできるんですよ。

 

履いてみるとわかりますが、
グラマラスパッツの引き締め感が強いことがわかると思います。

 

 

グラマラスパッツは加圧インナーできつめに作ってあるからこそ、あまり無理して小さいサイズ選びをするのはよくないんですね。

 

あえて小さめを〜と思っても、あとで後悔することになるし、
最悪の場合は、「履けないじゃないか!」とキレることになります。

 

グラマラスパッツを履く時にやってはいけないこと

 

グラマラスパッツを履く時にやってはいけないことは以下です。

 

  1. 伸びた爪をたてる
  2. 無理矢理グラマラスパッツを引き上げる

 

グラマラスパッツは厚手の布なので、そうそう簡単に破けることはありません。
ストッキングとかだとすぐに破けてしまいますけど、グラマラスパッツはそうではないんです。

 

 

また、無理矢理グラマラスパッツを引き上げるのもNGです。
最初は生地がなじんでなくて、ちょっと履きづらいです。

 

サイズ選びを間違えなかったとして、ちょうどよいサイズの方だったとしても結構履くのは難しいです。

 

なので、最初は気長に、少しずつ少しずつ履いていきましょう。
そのうち慣れてきて、スムーズに履けるようになりますよ。

page top